海外のサプリメントを購入する時


海外で売られているさまざまなサプリメントが最近では注目されているといいます。

アメリカは世界での有数のサプリメント消費国だといえます。

国民皆保険制度ではないアメリカは、かなりの医療費が病院へいくとかかることになります。

できるだけ病院へかかることのないように健康を保つため、アメリカの人たちは日々サプリメントを利用しているのです。

さまざまな種類のサプリメントが安い値段で販売されているのがアメリカです。

国内サプリメントにこだわらない方が、より自分に合うサプリメントを購入できることもあります。

FDAという米国食品医薬品局でかなりきちんと検査や審査が行われているのが、アメリカのサプリメントだといいます。

法律でしっかりとサプリメントに関して定まっていない日本の場合、食品という枠の中でサプリメントは販売されています。

アメリカというサプリメントに関して進んでいる国のものを使ってみたい人も多いでしょう。

個人輸入で海外で売られているサプリメントを手に入れるか、支社を日本にかまえている海外のサプリメント会社のものを購入するかしか、海外のサプリメントを手に入れる方法はないようです。

サプリメント商品の受け取りや日本人が摂取可能な量、成分はどんなものなのかなどは、国ではなく個人的な授受になるので全部自己責任になるのが個人輸入の場合の注意点です。

最近はサプリメントを個人輸入を代行し、販売しているサプリメントの販売サイトも存在します。