ニキビとサプリメントの関係


ビタミンB2やビタミンB6をサプリメントなどで摂取することで、ニキビの症状を軽くする効果が得られるといいます。

ビタミンを摂取することで肌の活発なターンオーバーを促し、肌を健康な状態に保ちましょう。

サプリメントは、手軽で効率的な栄養補給をすることができます。

表皮の最も深い部分にある基底細胞が分裂することで、表皮細胞ができます。

新しくできた表皮は古い表皮を上に押し上げていき、古い皮膚は垢になります。

皮膚が新しい細胞になることをターンオーバーといい、周期は28日です。ビタミンB2は、糖質をエネルギーにつくりかえる役割を持ちます。

ニキビが増えやすくなるのは、ビタミンB2欠乏により脂質の代謝が停滞することがあります。

ビタミンB2をサプリメントで積極的に補給することにより、皮膚の皮脂分泌のコントロールを正常に保ちます。

皮脂の分泌が適正であれば皮脂表面を常に弱酸性に保つことができますので、細菌への抵抗力が維持され、ニキビができにくくなります。

もしもビタミンB6が欠乏していると、新しいたんぱく質が作られづらくなり、ターンオーバーが難しくなります。

ビタミンB6を摂取することによって、ターンオーバーの狂いを調整することができます。

不要になった角質層がなくなれば毛穴の詰まりも取れ、ニキビになりにくくなります。

気持ちを落ち着けたり、肌の免疫作用を向上させる作用もあるといいます。

サプリメントで栄養を補給して十分に睡眠をとることができれば、美肌効果が望めるとともにニキビの改善にも期待が持てるでしょう。