天然サプリメントと合成サプリメントの違い


天然サプリメントの人気が最近高まっているようですが、合成サプリメントとの違いは何なのでしょうか。

栄養素の吸収率や身体への負担という面で品質的に優れているのは、やはり天然サプリメントです。

合成サプリメントに比べて天然サプリメントの吸収率はかなり高いといえます。

体に吸収される栄養素とは、単独で存在しているものではありません。

栄養を食べ物から得る場合、複数の栄養成分が同時に存在していることになります。

複数の食材を組み合わせ食べた方が栄養補給がしやすいのが人の体の特徴です。

人体は、体に必要なものを補給し、体に入らないものを追い出してています。

合成サプリメントの場合は原料に石油などが使われていますので、身体が受け付けずほとんどを排出してしまうようです。

排出する際に胃腸に負担をかけやすく胃もたれや胃痛を引き起こす場合があります。

天然サプリメントには食物本来が持っているさまざまな栄養素が含まれており、相互に良い作用があります。

栄養の吸収効率は、相互に影響を与え合うためです。

原材料に合成成分が使われていないことから、吸収はよりいやすいものになっています。

原材料に天然成分を使ったサプリメントは、合成成分でつくられたサプリメントより価格は高いですが、納得の内容です。